火災報知器・消防設備点検・定期保守ならユージーメンテナンス
消防設備の寿命 > 非火災報マニュアル

もし火災報知機のベルが鳴ったら!

(これは自動火災報知設備における誤作動の1例です)

まず火災受信機にて発報しているエリアを確認します。
P型1級複合受信機 P型1級複合受信機

建物内に設置されている火災受信機の
地区窓表示にて点灯している発報地区を確認する。

*注意
この時に音響はまだ停止させない事

受信機のタイプにより操作方法に多少の
違いがあります。

次へ 発報地区へ行き目視による現地確認をします。 この際に近くにある消火器を持って行くと、万一の火災時に迅速な初期消火活動が出来ます。 この際に近くにある消火器を持って行くと、万一の火災時に迅速な初期消火活動が出来ます。 次へ 火災受信機の操作(音響停止)
火災受信機の操作(音響停止)

①の音響スイッチを押します(火災受信機のベル〔ブザー〕が止まります)
(機種によってはスイッチを下げます)

②の地区音響スイッチを押します(各地区のベルが止まります)
(機種によってはスイッチを下げます)

ここまでの操作で音響(ベル)は全て止まります。
*ただし最新の機種は②の地区音響スイッチにてベルを一旦止めても、火災受信機の地区窓表示が点灯中の場合、一定の時間が経過するとベルが再鳴動しますので注意して下さい。

注意!!火災受信機の復旧ボタンは押さない(下げない)で下さい。
(誤作動原因の特定が出来なくなります。)

次へ 誤作動原因の特定をしましょう!

①発報地区の発信機は押されてませんか?

誤作動原因の特定をしましょう!

まず火災受信機にて発信機ランプが点灯しているか確認します。
(機種によって位置は異なります)

もし点灯していたら?

誤って発報地区にある発信機が押されています。
現地に行き復旧作業をしましょう!

現地の発信機が押されていないか確認する

押されている発信機は真ん中部分がへこんでいます。カバーを外し、中にある押しボタンを手前に引っ張りだして下さい。

押されている発信機は真ん中部分がへこんでいます。
(機種によっては赤いランプが点灯しています)

押されている発信機を発見したら?

カバーを外し、中にある押しボタンを手前に引っ張りだして下さい。
(機種によってはカバーを外さないで出来ます)

*注意
屋内消火栓設備が設置されている建物は発信機が押されると連動して消火ポンプが始動します。

②発報地区の感知器は作動していませんか?

煙感知器(光電式)

この煙感知器は一度作動すると火災受信機にて復旧操作をしない限り、赤い確認灯は点灯を続けますので誤作動感知器の特定が容易です。

熱感知器(差動式) 熱感知器(定温式)

この熱感知器は作動原因の熱を感じている間は赤い確認灯が点灯していますが、熱が無くなると自動的に確認灯が消灯してしまう為、誤作動感知器の特定がかなり困難です。

マンション(共同住宅)で良くあるケースでは・・・・
冬の寒い時期になると感知器の誤作動が頻繁に発生する、各住居内の感知器を見て回るが既に熱感知器の確認灯が消灯している為、誤作動感知器が特定出来ない。誤作動は夜昼関係無く発生するので寝るに寝れない・・・・など。

誤作動原因を特定出来たら

火災受信機にて復旧操作をしましょう!
火災受信機にて復旧操作をしましょう!

復旧ボタンを押します。
(機種によって位置は異なります)

発報していた地区窓が消灯したか
確認する。

消灯した場合は一番最初に操作したスイッチ
類をもう一度押し正常に戻します。
(下げたスイッチは上げます。)

復旧完了

*注意
屋内消火栓設備が設置されている建物で誤作動原因が発信機を押されていた場合は復旧ボタンを押した後、地区窓表示の消灯を確認の上消火ポンプ室内のポンプ制御盤にてポンプを停止させて下さい。

復旧ボタンを押しても地区窓が消灯しない場合は

速やかに消防設備士による調査を受けて下さい。

誤作動の原因にはいろんな要素が考えられます、(水漏れ・配線トラブル・機器の故障等)また、大規模な建物になりますと、感知器の作動信号で他の設備を連動起動させる事もあります。
また誤作動を慢性化させてしまう事により、実際の火災時に誤った機器の操作で大きな災害へ発展してしまう可能性もあります。

E-mail
  • 消防用設備の点検及び工事に関するご相談、
    協力会社・採用情報に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡下さい。
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メール