火災報知器・消防設備点検・定期保守ならユージーメンテナンス
消防法改正情報 > 自動火災報知設備と火災通報装置の連動はなされていますか?

自動火災報知設備と火災通報装置の連動をしてますか?

平成27年4月1日より施工されています!

平成25年12月27日の消防法施行規則の改正により、施行令別表第6項口に掲げる防火対象物(養護老人ホームや乳児院、障害児入所施設など)は、自動火災報知設備と火災通報装置を連動させ、火災信号により自動で119番に通報することが義務付けられました。
これまでは自動火災報知設備の感知器が火災の発生を感知し、それに気付いた人が119番に通報していましたが、自動火災報知設備と火災通報装置の連動で、速やかに119番通報が行われ、火災による被害の軽減が期待されます。
なお、施行は平成27年4月1日からで、経過措置として、既存の施設については平成30年3月31日まで従来通り認められますが、平成27年4月1日以降は施行が適用となります。

火災通報装置の「直接通報」の仕組みについて

自動火災報知設備と消防機関へ通報する火災通報設備(火災通報装置)を連動させ、火災信号により自動で119番することを「直接通報」といいいます。最近、特別養護老人ホームでの火災が相次ぎましたが、この「直接通報」システムの稼働により、速やかな火災通報が可能となり、万一、こうした施設で火災が発生した場合、被害の軽減が期待されます。 ここでは、「直接通報」の仕組みを分かりやすく図で説明しましょう。

火災通報設備の「直接通報」の仕組み

  • 消防用設備の点検及び工事に関するご相談、
    協力会社・採用情報に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡下さい。
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メール