火災報知器・消防設備点検・定期保守ならユージーメンテナンス
消防法改正情報 > ガス消火設備の容器弁耐圧試験

ガス系消火設備等の点検基準の法改正(告示化)

「容器弁の安全性に係わる点検」について、点検項目や点検期限等の見直しが行われ、新たな点検基準が規定されました。

ガス系消火設備等の容器弁の安全性に係わる点検基準につきましては、これまで消防予第132号に基づき「設置後15年を経過したもの及び当該点検を実施後15年を経過したものについては、20年までに行うこと 」と規定されておりましたが、このたびの法改定※に基づき、点検期限<二酸化炭素では設置後25年、ハロゲン化物等では設置後30年>までの容器弁、点検実施後該当年数を経過した容器弁、および容器弁の封板等に損傷、腐食、または漏れのある容器弁は、「容器弁の安全性」に係わる点検を実施することになりました。

つきましては、容器弁の経年劣化や腐食による誤放出・不作動を防止し、お客様の安全・安心を確保して頂くべく、機器点検における「 容器弁の安全性 」の点検実施にご協力下さいますようお願い申し上げます。

※平成25年11月26日消防庁告示第19号「消防用設備等の点検の基準および消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式を定める件の一部を改正する件」

容器弁

点検対象

対象となる消防用設備等 対象となる容器
  • ●不活性ガス消火設備
  •   ・二酸化炭素・窒素・IG-SS・IG-541
  • ●ハロゲン化物消火設備
  •   ・ハロン1301・ハロン1211 ・ハロン2402
  •   ・HGC-23・HFC-227ea・FK-5-1-12
  • ●粉末消火設備(固定式・移動式)
  • ●パッケージ型消火設備
  • ●パッケージ型自動消火設備不活性ガス消火設備
  •   ・消火剤貯蔵容器
  •   ・起動用ガス容器
  •   ・加圧用ガス容器

改定後の点検期限

施行スケジュール
容器弁、安全装置の外形点検で異常が認められた場合 矢印 即、安全性点検の実施
または交換

※ より高い安全性を確保するため、15年を経過した容器弁は、順次、
    計画的な点検または更新を推奨いたします。

点検票の一部改正

今回の法改正により、点検票の様式の一部が改正されました。

改定された点検票の一部

※ なお、点検報告は、消防法第17条の3 の3に定められており、未報告や虚偽報告は
    法令違反となります。

点検内容

メーカーが貯蔵容器を工場に持ち帰り、ガスを抜き取った後に容器弁を取り外して点検を行います。(この間、同仕様の代替容器を設置して当該設備を正常に継続・維持致します)

※ 設置年数が古い容器に関しましては、新品への交換もご提案致します。

上記点検は、従来ご契約頂いております貴建物の消防設備点検契約には含まれていない新しい項目ですので、今後の点検においては、その分のお見積もり を追加して実施させて頂くことになります。なにとぞ法改正の趣旨、目的をご理解頂き、ご契約を交わさせて頂きますようお願い申し上げます。


容器弁

  • 消防用設備の点検及び工事に関するご相談、
    協力会社・採用情報に関するお問い合わせなど、お気軽にご連絡下さい。
  • 電話番号
  • FAX番号
  • メール